トップインタビュー CUBIC


| バイト  | サークル  | インタビュー  | 生活  | 学術  | 施設 |



 今日は、学生によるビジネスの実践を推進するため、構成員を学生に限定した企業」を運営されているCUBiCのみなさんにお話を伺いました。



―普段はどんな活動をしていますか?

実際に企業経営をしています。サークル名はCUBiCなのですが、「CUBiC」はインターンシップイベント開催や新人のリクルーティング等、学生へアピールする場としての私たちの姿です。実際の活動の中心ははその企業で行っています。 事業としては、主にソフトウェア開発とそれに伴う企画業務で、具体的には「携帯電話やインターネットを使ったウェブアプリケーションの企画・提案・開発」というのが具体的な形です。 ご連絡ください。」あと、まだ詳しいことは話せないのですが、現在、ビジネスパーソン向けのカフェ事業立ち上げを他社と共同で行っています。

―どのようなきっかけで始められたのですか?

就職活動をした時に周囲の社会的経験値の高い学生に圧倒された、何か大きいことをしようと思った時その選択肢の中に「キャリア設計」を実際に体験できる学生団体へのコミットメントがあった、会社を始めた友達の影響で、人の紹介、……等、各人様々ですね。でも、時期と動機の違いはあれ、全員に共通しているのは「自分はこのままでいいのか?」という思いでしょうか。 そんな人々が「何かやりたい。」と集まってきて、そして、そこに、学生としてではなく、一企業として社会で勝負したいという思いがあった、という感じです。

―今ではオフィスを持てるくらいの勢いですが、当初はどんな苦労がありましたか?

そうですね、まず自分たちの活動理念を訴え、学生の仲間を集めることに苦労しましたし、実績・経験がないところから初案件を取るのには時間がかかりました。でも、段々とスキルや実績を上げていくことで、一旦滑り出せば順調でしたね。 私たちは「学生がやっているベンチャー」ということを売りにするつもりは全くないので、企業として活動する時は「CUBiC」という名は使っていません。しかし、それゆえに、学生としてではなくハダカのままの実力を社会で試すことができるんです。それが、私たちにとっての苦労であり醍醐味でもあります。

―活動理念、またはポリシーのようなものはありますか?

1つの方針として、規模は大きくしないつもりです。また、あくまで学生団体であるので、社会人になったらCUBiCには残らない、というのが原則です。 自分が担当する仕事のことだけではなく、企業の運営、活動を分かっていなくてはいけないと思っています。 組織の末端しか知らない人ではなく、全体像が見渡せる人にこそ未来はあると思います。その点を踏まえ、各人が様々な部署を経験できるようにしています。学生のうちに、「営業」も「企画」も上から言われるわけでなく主体的に経験できます。 経営者、つまり取締役などの「企業役員」さえ経験できるのです。

―皆さんは企業活動をして、社会と関わっていらっしゃるわけですが、学生のうちからそのような活動をするメリットというのはどのようなものでしょうか?

まず、アルバイトとの違いというのは、自分の名前を使い、一人のビジネスパーソンとして活動することですね。 生じてくる責任が違います。そうした活動をしていくうちに自分の将来を考える上での「経験」が増えていくし、 就職活動をする場合にも志望動機にリアリティがつくと思います。 今、大抵の学生は上っ面の「企業イメージ」で就職を決めようとしてしまいがちです。 しかし、それでは「企業活動とは何か」ということをほとんど分からないまま社会に放り出されることになってしまう。でも、一つの企業でも(大企業は特に)、様々な部門があるわけですし、求められる「能力」も「意欲」も、自分の持っているものと合うのかどうかはなかなか実感がわかないでしょう。それなのに、多くの人が「60まで働くライフプラン」を急いで作ろうとするのは、企業にとっても学生にとってもいいことではないでしょう。 CUBiCがそういう現状に疑問をもつ少なからぬ学生の「育ってもらう場」となれたら自分たち自身にとってのメリットというだけではなく、社会全体へのメリットともなると思います。




「ビジネスにおいて末端しか分からないのでは、決していいビジネスプレーヤーになれない。企業活動の全体像が見えなくては。」というCUBiCの掲げる理念には、「己の専門分野をもつ前に身につけた幅広い教養こそが、後にその人の学問追求・人格形成の土台となる」という東京大学における「教養学部」の存在意義と相通じるものがあるのではないだろうか。

社会に出る前に「何か」しなければ、とただ漠然と焦ったままに毎日を過していてもどうにもならない。


「社会人への教養学部」が、あなたに「何か」を教えてくれるかもしれない―

正式名称CUBiC
人数10名(内、東大6名)
代表者高橋一志
活動場所主に事務所で行っています(本郷キャンパス徒歩5分)
部費無(むしろ企業活動で得た利益が還元されます)
目標・方針学生によるビジネスの実践。
スタッフ募集現在、CUBiCではスタッフを募集しています。 ご興味をお持ちの方はお気軽にinfo@gakusei.bizまで
ホームページhttp://www.gakusei.biz/
all-todai.comでは、サークル取材を通じてサークルの知名度向上に貢献致します!1日約1200アクセスあるall-todai.comで知名度アップ間違いなしです!希望されるサークルは、@サークル名A活動内容概要B特に取材して欲しいアピールポイント(部員が足りない・試合で活躍をした等)C希望日時(取材は1時間程度です。候補をできれば3つ以上挙げて下さい)を明記の上、info@all-todai.comまでご連絡下さい。(取材希望サークル多数の場合、ご希望に添えない場合があります。あらかじめご了承下さい。)

| バイト  | サークル  | インタビュー  | 生活  | 学術  | 施設 |

トップインタビュー CUBIC

本ページに掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます。
(C)Copyright,2002-2004 all-todai.com All rights reserved.
(免責事項) all-todai.comは東大生が自主的に運営する学生総合サイトですが、 東京大学(u-tokyo.ac.jpドメイン)との関係は一切ございません。
教務課関連情報等は、変更になる場合がありますので、各自の自己責任でご利用下さい。
当サイトから得た情報に関して生じた被害に対して、all-todai.comは一切の責任を負いません。